2020年 2月

肩身が狭いって表現って

最近では簡単に離婚するけど、片親の子どもが園でどれだけ肩身の狭い思いをしているか知っていますか? 仮面夫婦を演じろとは思いませんが、結婚、出産って本来重いものだと思います。そこは自覚してほしいです。

ある保育士さんの呟き。

 

片親の子どもが園でどれだけ肩身の狭い思いをしているか知っていますか?

って周知させる言動が

その事を助長する事にも繋がるんじゃない?

寂しい思いならさせてるかもしれないけれど....

肩身の狭い思いをさせるのはその考え方じゃないのか.....

誰を守る仕事をしてるんだろう。

結婚、出産は当然責任がついてきます。

したがって離婚は簡単にできる物でもないし

 

1人でできる事じゃないです。

 

どんなにお互い気遣っていたとしても夫婦とは何があるかわからないし

必ず離婚しないと誰もが思うはず

離婚に至るまでの苦悩、決断は人それぞれ等しく重く苦しいものだと思いますし

 

決して軽く簡単に離婚などしない。

 

全ては子供の先を思っての行動です。

 

どうしてもひとり親で寂しい思いをさせてしまう部分はありますが

その部分を埋めてくれる保育士さんがいる

今、娘が通っている保育園には感謝しかありません。

 

肩身の狭いという表現は外側から作られる目線だと思います。

どうか

子供を守る仕事に携わっている方から

その様な表現しないで欲しいと願います。

 

 

各snsでブログの更新をお伝えしております

フォローして頂けると嬉しいです。

-2020年 2月

© 2020 いつかきっと『宝物』になる日記